アトキンス物理化学が勉強法で最もおすすめできる理由

物理化学

大学で化学系に進学した人ならほとんどの人は物理化学を学ぶことになるだろう。また、昔やっていたが久しぶりに学習する人もいるだろう。2020年現在において物理化学の教科書は数多く存在する。

アトキンス物理化学が勉強法で最もおすすめできる理由

結論から言うとアトキンス物理化学が最もおすすめである。有名な教科書ではあるが、今後ずっと手元に置いておきたい一冊である。

幅広い範囲を網羅

化学の基本である熱力学から溶液、平衡反応へと続き量子力学、反応速度論といった化学を専攻する人にとって学んでおきたい分野が一通りそろっている。これらの分野が一冊(上下巻合わせて)でまとまっているのは便利である。一冊でまとまっているメリットとしてさらに大事なことがある。

記述の仕方が均一で理解しやすい

記述の仕方はその教科書の筆者によって大きく色が出る。例えば、アトキンスではヘルムホルツエネルギーはAで表されるが、他の教科書ではFで表されたりとその本によってばらばらである。特に熱力学は平衡論や反応速度論など幅広い分野で出てくる概念なので、記述が均一であるほうが理解もしやすい。

例題の数が豊富

アトキンス物理化学は22のトピックで分かれており、さらにトピック3のaなどといったように細分化されており、それぞれの細分化された内容についての例題が数多く用意されているため書かれている内容がどのように問題に適用できるのかを逐一確認することが出来る。

ほとんどの難関大の大学院で採用されている

大学院へ進学予定の人で、特に東大や東工大といった難関大学に外部受験しようと思っている人は特に重要であるが、ほとんどの難関大学でアトキンス物理化学が採用されているため学部1年生のころからこの教科書を持っておくことは数年後の院試に役立つこと間違いなしである。ちなみに私は地方国立大から東工大大学院へ進学したが、それについて興味があるかたは院試の勉強方法をご覧ください。

より多くの意見を見たい場合はamazonのレビューを見てみる

amaonのレビューをみて判断してみても良いと思うので、そちらを参照してください。また、新品で購入するのは少々お高いかもしれないので、中古で購入することもお勧めである。

コメント

  1. […] アトキンス物理化学が最もおすすめできる理由 […]

タイトルとURLをコピーしました