院試解答

東工大 物質理工学院

阻害剤が及ぼす反応速度への影響[院試で学ぶ]

今回は酵素反応において、阻害剤を用いた時の反応速度の変化をミカエリス-メンテン機構の導出とともに扱います。掲載している問題は東工大物質理工学院H30[5]です。
有機化学

ニューマン投影式の安定配座・SN2の反応性・NMRの化学シフト[院試で学ぶ]

今回は、ニューマン投影式を用いた、ポテンシャルエネルギーの比較・\(S_N2\)の反応性について・プロトンNMRスペクトルの化学シフトについてです。掲載している問題は東工大物質理工学院H31の3A(1)です。
東工大 物質理工学院

錯体の配位子との軌道間相互作用とは[院試で学ぶ]

今回は、オレフィン配位子(ブタジエン)のπ電子系の分子軌道と中心金属との相互作用についてです。掲載している問題は、東工大物質理工学院応用化学系H30[3]です。
東工大 物質理工学院

錯体の置換活性が金属イオンで変化する理由[院試で学ぶ]

今回は、銅錯体とクロム錯体を比較して置換活性がどう変化するかについてです。掲載している問題は東工大物質理工学院応用化学系H30[3]です。
東工大 物質理工学院

ヤーンテラー効果の原理を銅イオンの電子配置で説明[院試で学ぶ]

本記事ではヤーンテラー効果の原理を銅イオンの電子配置で解説します。掲載している問題は東工大物質理工学院応用化学系H30,3Bであり、以下の記事の続きです。
東工大 物質理工学院

安定度定数とは・配位子による置換活性[院試で学ぶ]

今回は安定度定数について・キレート効果による安定度定数増加の理由について解説します。掲載している問題はH30東工大物質理工学院応用化学系の[3](無機化学)前半です。
東工大 物質理工学院

ペロブスカイト型構造の構造と配位数・スピネル型酸化物の磁気モーメント[院試で学ぶ(東工大)]

今回はペロブスカイト型構造のイオン半径比の求め方・結晶構造の安定条件やスピネル型酸化物の正スピネル・逆スピネル決定方法と磁気モーメントの関係です。掲載している問題は東工大物質理工学院応用化学系の4B(無機化学)です
東工大 物質理工学院

錯体・平面四角形の構造決定・カルボニル錯体の逆供与・安定[院試で学ぶ(東工大)]

今回は無機化学の錯体・平面四角形の構造決定・カルボニル錯体の逆供与による安定化についてです。掲載している問題は東工大 物質理工学院 応用化学系の3B(無機化学分野)です。その他の問題番号も掲載しています。
東工大 物質理工学院

マーデルング定数・ラチマー図[院試で学ぶ(東工大)]

今回はボルン・ハーバーサイクルによる格子エンタルピーの求め方・マーデルング定数の求め方・ラチマー図の使い方についてです。掲載している問題は東工大 物質理工学院 応用化学系の4A(無機化学分野)です。
東工大 物質理工学院

錯体の酸化・電荷移動・炭素とケイ素の構造比較[院試で学ぶ(東工大)]

今回は錯体の酸化数の求め方・電荷移動におけるスピン・ラポルテ選択律を考慮した吸収強度の考察・炭素とケイ素の構造比較の考察についてです。掲載している問題は東工大 物質理工学院 応用化学系の3A(無機化学分野)です
タイトルとURLをコピーしました