英語はオンラインで!理系大学院生がお勧めするコンテンツ

英語

英語はオンラインで!理系大学院生がお勧めする勉強法

皆さんこんにちは。私は普段、大学化学についての解説をしているみやぶろがーと申します。今回はお勧めの英語勉強法についてです。

理系と英語ってあんまり関係なさそうだけど??

大学院に進学するには英語の試験は必須だから、実は大学院生はしっかりと英語を勉強してきた人が多いんだよ!

特に難関大学院は英語が高得点必須らしいしね~

そんな理系大学院生の私が今まで英語を勉強してきた経験をもとに、お勧めの英語勉強法とそのコンテンツをご紹介しようと思います。

ちなみに、私は東京工業大学の大学院でエネルギーについての勉強をしています。大学院試験の時はもちろん、普段も英語の論文を読んで研究したりする生活をしているため英語はよく使っています。

有料オンラインコンテンツのメリット・デメリット

さて、この記事を読んでいただいている方はこれから英語を勉強したい、もしくは英語を勉強しているがなかなか続かない方が多いのではないでしょうか。

’継続は力なり’とはよく言いますが、そもそも継続することってとても大変なことですよね。

正直、英語は自分で参考書やインターネット検索等を用いて独学でも勉強できます。

独学でやる場合のお勧め勉強法についての記事はこちらから

しかし、これはある程度のレベルまで勉強してきた人に限られます。

1から参考書等で闇雲に勉強してもほぼ100%挫折します。

英語って単調だから一人でやっても飽きちゃうよね~

英語に限らないですが、勉強で一番大事なのは挫折しないことです。

1日の進展がどれだけ小さくてもいいから、継続して勉強できるかが最も大切なことです。

そこでお勧めしたいのがオンラインで学べる英語学習コンテンツです。

勉強は教室に行って先生の話を椅子に座って聞く授業だけではありません。

わざわざ時間を取って教室へいく必要はありません。また、社会人の方はまとまった時間を取りづらいでしょうし、隙間時間や好きな時間に自宅やカフェなどで手軽に勉強したいですよね。

そういった、勉強することの敷居を下げることで、継続して勉強することができるのです。

勉強することの敷居を下げる

また、今どきの有料コンテンツはどれも内容が素晴らしく、システムが非常によくできているため、学習効率が高いと言えます。それについてはのちほどご紹介します。

オンラインコンテンツを利用することのメリットはもう一つあります。

無料で英語を学習するサイト等はたくさんありますが、これからご紹介するコンテンツは有料です。

確かに有料であることのデメリットはあります。もし自分の身にならなかったら時間のみならずお金のムダになってしまいます。

しかし、英語の勉強について調べてこの記事にたどり着いた皆様は、本格的に英語を勉強しようと思っているのではないでしょうか。

わざわざお金を払って勉強するのだから、そう簡単に挫折するわけにはいきませんよね。

そうです、実はこれこそが有料であるメリットなのです。

・わざわざお金を払ったのだから最後までしっかりやらなきゃ、

・ちゃんとやらなきゃもったいない

・せっかくお金を払ったのにものにならなかったら悔しい

これらのように有料であることに対する決心が勉強を促進するのです。

  • 1. 隙間時間にいつでもできるから勉強することの敷居が下がる
  • 2.有料だからこそ、勉強することに対する決心ががつく
  • 3.コンテンツのクオリティが非常に高い

特に大事なのが1,2番であり、結局大事なのは勉強する姿勢といった精神面であることをお伝えしたかったのです。

おすすめオンライン英語コンテンツ5選

ここからは、私がお勧めする有料オンラインコンテンツ5選です。

ようやくか!

産経オンライン英会話Plus


産経オンライン英会話Plusは株式会社産経デジタル・ヒューマンホールディングス株式会社・トランスコスモス株式会社など大手企業が共同でやっていますので、信頼性が高いです。

外国人講師とマンツーマンで英会話レッスンが受けれます。

入会金や教材費などはかからないため安心して利用できます。

産経オンライン英会話の大きな特徴としては、大手の新聞や教育・IT業界各社が英会話学習のシステムを構築し、利用者への手厚いバックアップがあることです。

英会話を学習するコンテンツはたくさんありますが、初めて英会話へ通う方はこのような大手のコンテンツを利用する方が安心だと思います。

以下、特徴を箇条書きにまとめます。

  1. 1,200種類の高品質レベル別テキストが無料で利用可能
  2. 日常会話はもちろん、ビジネス・中学生標準レベルや接客業などの方は職業別の英会話学習
  3. 好きな時間・好きな場所で受講可能
  4. フィリピン・ネイティブ・日本人と講師を選べる
  5. ISO認証をオンライン英会話スクールの中で初めて取得
  6. 産経新聞のニュースをもとに英会話レッスンを受けれる
産経オンライン英会話plusの講師の方

私個人としては、やはり大手ですので初めて英会話を習う方に特におすすめできると思います。

また、レベル別に分かれているので、挫折しずらいと思います。

レッスンはコイン制となっており、講師ごとに必要なコイン数は異なっています。また、受講5分前に予約することでいつでもレッスンを受講することが出来ます。

無料の体験レッスンを2回受けれるので、そこで自分に合うか試すことができます。

価格については、毎日1レッスン(25分)で月額6,380円(税込)から利用できます。

英会話では、週1、2回のレッスンが多い中、毎日好きな時間帯に25分英語と触れることができるのは大きなメリットかなと思います。

より詳しい説明や、無料のトライアルレッスンの申し込みは産経オンライン英会話Plusから。

スタディサプリEnglish

次に紹介したいのが、スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)です。

スタディサプリといえば中高生の中で非常に人気の学習サイトです。私の友人でもスタディサプリを使って受験英語を勉強している人がいましたが、かなり効率よく勉強している様子でした。

実際、その人の英語の成績もかなり良好だったので信頼できるコンテンツだと思います。

特徴としては、専用のアプリで手軽に学習できる点です。スタディサプリは受験業界で高品質な学習システムを提供していることで有名なので、そのノウハウを忙しい社会人向けにうまく活用できています。

スタディサプリEnglishはユーザーが楽しんで学習できるような工夫が随所に見られます。

大きな特徴として、ドラマ仕立ての脚本をもとに英会話を学習できる点です。

脚本は「ごくせん」、「ナースのお仕事」、「1リットルの涙」など手掛けた江頭美智留氏によるものです。

自分がドラマで演じているように楽しみながら英会話を学習できるのは、挫折予防に大きな効果があると思います。

ちなみに、どんなストーリーがあるかというと・・・

大学卒業後、世界で展開する高級ホテルに就職した主人公のナオ。東京でウェディング業務やフロント業務等を経て、3年前に念願のコンシェルジュへ。
そして、さらなるステップアップを目指し、ニューヨークでの海外研修に参加することに。
異文化生活を体験しながら、仕事に恋に奔走する日々が始まる・・・

なんとも面白そうな内容です。

料金についてもかなりお手頃となっています。入会金や追加費用がないのはもちろんのこと、

通常金額では月額1980円とそれだけでもお手頃だが、1年契約と新規入会特典を合わせるとなんと、

月額980円スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)を利用することが出来ます。

途中解約しても返金対応が可能なので、安心して利用できます。

また、アプリ内でクイズやディクテーション(聞き取った英語をタイピングするトレーニング)で手軽に学習することも可能です。

正直、社会人の方などで、とりあえず英会話を学習してみたいという方には特におすすめです。

また、スタディサプリではビジネス英会話のコンテンツも用意されています。日常英会話とは申し込むコンテンツが違いますが、上述したような特徴がビジネス英会話でも同じようにあるので、ビジネス英会話についてはこちらを参照してください。

スタディサプリEnglish ビジネス英会話

IELTSに特化したUniversal Speaking

Universal Speaking海外留学を目指している方向けのオンラインコンテンツです。海外留学をする際、ある程度の英語の能力が求められますが、その能力は試験によって示します。

日本で有名なのはTOEICやTOELFが有名ですが、IELTSはケンブリッジ大学が主催しており、海外ではIELTSのほうがスコアの信頼性が高く評価されます。

オンライン英会話でIELTSに対応しているのはかなり少なく、その中でも信頼できるのがUniversal Speakingです。

多くの英会話コンテンツではスピーキングが重視されますが、こちらではリーディングやライティングなどの4技能全てを学ぶことが出来ます。

本格的に英語を習得したい方はUniversal Speakingがおすすめです。

また、料金は1レッスン(25分)250円~と非常にお手頃であり、さらに、多くの会社では1日の受講制限があったり、追加料金がかかったりしますが、こちらは1日何度でも受けることが出来ます。

料金が安いと手ごろである反面、サービスがしっかりしているか不安ですが、4技能全て手厚いサポートがあります。

★スピーキング


・質疑応答(Part1)

    基礎的な内容から始まりますが、自分のことを正確に伝える練習を行います。

・スピーチ能力(Part2)

  • タスクカードに沿った内容についてのスピーチの練習を行います。
    スピーチ前に1分間の考慮時間が与えられ、その間にメモを取ってまとめることもできるの で、その練習も行います。

・ディスカッション能力(Part3)

  Part2のテーマを元に講師と共にディスカッションを行って練習します。
  内容も難しくなりますが、ディスカッションを繰り返してよりディスカッション能力を高めます。

★リーディング

・読解方法

  スキムリーディングやスキャンリーディングなど文章を正確に読み取るスキルを学びます。

・問題形式への対策

  大学の過去問を使って問題形式に慣れるのと同様に、IELTSの問題形式にも慣れる必要があります。選択問題、正しい組み合わせを選ぶ問題などそれぞれに合わせた対策を行います。

・時間配分

  1つの文章において、問題を解く時間を含めて20分しか与えられていないのとほぼ同じなので、何分で文章を読んで何分で問題を解くかをしっかりと行えるように練習を重ねます。

ライティング

・表やグラフを正確に要約(アカデミック)

  図や表などのデータから、どのような特徴があるか、どこを比較するかを要約する練習を行います。要約した内容を正確に書くことが大切ですので、その練習も同時に行います。

・手紙の書き方

  英語での手紙の書き方を練習します。指定された内容をどのようにわかりやすく書くことができるかも重要となります。

・エッセイトレーニング

大学入試対策で小論文の練習を行うのと同様に、英語でのよりよいエッセイの書き方の練習を行います。

リスニング

・情報処理

  聞き取りながら必要な部分を正確に書き出す練習を行います。言い間違いからの訂正というような問題もあるので注意しながらメモを取る必要があります。

以上のように、各技能ごとにしっかりと学習をサポートするシステムが出来ています。

また、留学したい方のみならず、大学受験を控える学生さんや本格的に英語を勉強したい社会人のかたにもおすすめです。

日本人による無料のカウンセリングや無料のレッスンが用意されているので、まずはそれに申し込んで自分に合うかを確認してください。

Universal Speaking

NOVA LIVE STATION

NOVA LIVE STATION☆彡は’駅前留学’でおなじみのNOVAによるオンライン形式の英語塾です。使うテキストは実際の校舎と同じであり、まさに駅前留学を自宅で受けれる自宅留学です。

特徴として、これまでご紹介してきたコンテンツはマンツーマン指導でしたが、NOVAはライブ配信のため、基本的にはリアルタイムで配信されている授業を受けるという形式になります。

講師陣も豊富で様々な人気講師たちが工夫した授業を展開します。

月額定額制で何度でも配信を見ることが出来るので、自分のペースに合わせて深度を調節できるのがメリットといえます。

また、2020年12月までのお申し込みで、通常価格1万円が初月のみ1000円で受講可能になります。また、この期間に申し込むと初月以降が通常1万円のところ、ずっと8000円で受講できます。


ライブ配信でスムーズに授業をうけたいという方におすすめです。気になった方は、トライアルで受講してみてはいかがでしょうか。

NOVAの外国人講師がオンラインでレッスンを生配信!

まとめ

これまで5つのオンライン英会話をご紹介しました。今ご紹介した会社はどれも大手であり信頼できる会社といえますので、自分の目的やライフスタイルに合わせて選んでみて、まずは無料のトライアルを受けてみてはいかがでしょうか。

全然関係ありませんが、この記事を書いている本人は普段こんなことをしています。参考程度に読んでいただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました